コラーゲンと肌の関係性

コスメティック販売員ショーコのブログ

コラーゲンと美肌の関係

コラーゲンは、今やほとんどの基礎化粧品に配合されているといっても過言ではないぐらい、もっとも人気の高い美容成分です。

 

その人気の理由は、コラーゲンがターンオーバーに大きく関係しているからです。

 

皮膚は表皮と真皮から成り立っていますが、真皮では基底層で肌細胞が作られ、この細胞は有棘層、顆粒層、角質層と徐々に変化して角質となり表皮まで押し上げられていきます。

 

新しく生成された角質が表皮に達すると、古くなった角質がアカとなって剥がれ落ちますが、このサイクルをターンオーバーといいます。

 

このようにターンオーバーによって入れ替わることで新しい健康な肌、つまり美肌を保つことが出来るのですね。

肌サイクルを支えているコラーゲン

このターンオーバーという機能を支えているのがコラーゲンです。

 

コラーゲンは真皮層に網目状に存在し、そのつなぎ目にはエラスチンという成分が存在し、網目の中にはヒアルロン酸が存在しています。

 

これら3つの成分が真皮層で肌の弾力を支え、ハリを保つ働きをしているのですが、同時にターンオーバーの機能もサポートしているのです。

 

弾力やハリがなくなったり、うるおいが不足するとターンオーバーのサイクルが乱れ、古い角質が残ったままになるため、肌がくすんだりシワやたるみ、シミが出来てしまいます。

 

つまりターンオーバーが正常に行われることが美肌の基本であり、そのサイクルを正常に保つのに欠かせない成分がコラーゲンなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ