喫煙で肌老化がすすむ

コスメティック販売員ショーコのブログ

喫煙で血行が悪くなり肌のたるみ症状を引き起こす!

タバコはストレスを発散させたり、気分転換として吸う方が多いと思います。男性、女性も悪影響があることは存じて喫煙をしていますよね。ただし女性の場合は肌にとってかなりマイナスな働きがあることを覚えておきましょう。健康だけでなく肌にとって喫煙が影響する症状などをココでは紹介していきます。

これを読んであなたが喫煙をやめるかどうか判断してください。私はタバコが与える肌への影響をしって今後のことを考えてやめることに成功しました。

喫煙は肌の代謝を悪くしている

喫煙が肌にとって影響を与える一番の原因が肌の代謝、血行を悪くしている点です。
タバコを吸うことで血管は収縮する傾向があります。こうなると血流が悪くなるのが当然。毛細血管を通して運ばれるはずの栄養や酸素が滞ってしまうのです。栄養が行き渡らなければ肌の代謝や不足成分がでてきて肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

怖いのが肌に繊維細胞であるコラーゲンなどの生成が減少されること。こうなると肌を衰えてたるみ、ゆるみといった年齢肌特有のトラブルが表面化されてくるのです。

 

肌がたるむことで毛穴も引っ張れるようになって老け顔を演出するたるみ毛穴も出てきます。1本、2本で老化が進むわけではありませんが、体にも肌にも吸い続けていると悪影響が及ぶのが喫煙です。やめることができるならすぐにとは言いませんが、止めた方が確実に美肌に近づけるようになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ